【第12回】体調不良

0

    こんにちは。社長の○藤です。

     

    体調不良で1週間くらいダウンしていました。

    文字通り自宅でダウン、病院にも行けずひたすらベッドでうなっていたわけです。

     

    3日目くらいで少し体調が戻ってきたので急いで病院へ。

    薬を処方してもらい、やっと体調が回復した次第です。

     

    体調が悪く家で寝込んでいる際も、女の子達からのLINEは来るわけですが、

    体調が悪くて動けない、災害用の水とヨーカンを食べて凌いでいる、

    といった様な返信をしていたのですが、女の子の返信は下記の通り。

     

    「私も体調悪いよ!」

    「大変!お大事に!」

    「私も同じ病気になったことある〜」

     

    といったような感じです。

     

    普段、移動式ATMと言われていますが、皆さん故障したATMには興味が無いご様子。

     

    そうすると、一人だけ、

     

    「大丈夫?病院に行って!私にできる事があったら何でも言って!」

    「明日も直ってなかったら様子を見に行きます!」

     

    と、言ってくれた子がいたんですね。

     

    ああ、やっぱり結婚するならこういう子がいいなあと思いました。

     

    っていうかもう結婚かな。

     

    で、体調も直ったので待ち合わせをしてお礼に食事に行ったんですが、

     

    俺 「どこで待ち合わせする?」

    彼女「うーん、じゃあ有楽町の銀座口かな」

    俺 「・・・OK」

     

    OK OK OK OK OK OK OK OK・・・

     

     

    OK OK OK OK OK OK OK OK・・・

     

     

    OK OK OK OK OK OK OK OK・・・

     

     

    すみません、二回連続同じオチでした。反省が足りませんでした。

    ちょっと人生見直す必要を感じています。

     

    JUGEMテーマ:恋愛/結婚

    JUGEMテーマ:日常

     


    【第11回】恋は今終わった

    0

      こんにちは。社長の○藤です。

       

      先日、20代のモデル級の美人にアプローチされました。

      まあ彼女は何人いても困ることはありませんし。

       

      企業って土日休みのところが多いと思うんですが、僕クラスになると

      彼女も土日休みなんですよ。連絡が一切取れなくなるんですね。

      あれ、これって「彼女」ではなくて「彼女業なのかな?」って

      気づくんですよ。いつも。

       

      ただ、先日アプローチしてきた女の子は、なんかいつもと違うんです。

       

      一緒に食事に行くたびに、心を開いてきたというか、一緒にいる時に

      凄い笑顔が増えました。

       

      今の仕事をやりながら勉強して、パティシエの学校に行きたいと。

      30歳になるまでにケーキ屋さんで働いて、将来は自分の店を持ちたい!

      とか、楽しそうに夢を語るんですよね。

      でも、お母さんにその話をしたら、

      実家にいる時に料理もしてなかったくせに、って笑われちゃった(笑)

       

      とか

       

      楽しそうに喋るんです。

       

      毎日LINEで僕を気遣ってくれるメッセージを送ってくれるし、

      返信も凄い早い。平日は仕事終わってから食事だけど、土日は昼間から

      遊べるね(笑)とか言って来るんですね。

       

      完璧な彼女だな、と思いました。

       

      んで、日曜日にデートしよっか、という話になってデートしたんですけど、

      夕方くらいになって、

       

      「私の初めてのわがままを聞いてもらっていいですか?」

       

      って、凄い笑顔で言ってくるんです。ちょっと照れくさそうに。

       

      「なに?大丈夫だよ」

       

      と返事をしました。

       

      もう日が暮れてきた新宿の繁華街で、二人で手を繋いで歩いていたんですが、

      彼女の初めてのわがままが見えてきました。

       

       

       

       

      いやあ、完璧でした。

       

      完璧に演じていたわけです。今まで。

       

      本当の悪女ですよ。

       

      皆さんもお気をつけください。

       

      JUGEMテーマ:恋愛/結婚

      JUGEMテーマ:日常

       


      【第10回】見極め力

      0

        こんにちは。社長の○藤です。

         

        今日は女性を落とす、と、心に決めて誘っても

         

        「いや、ちょっと。すみません。」

         

        ってなった経験のある男性は多いと思います。

         

        女性には体調や気分やムードによって、周期があると思うんですよね。

         

        ちょっとグラフにしてみました。

         

         

        女性が、

         

        「今日はキスまでならOKかな。」

         

        くらいの温度の日に、男性がプッシュする事で、

        女性を落とせるのではないかと僕は思うんです。男性はこの周期を読む力が試されているのです。

         

        なので、女性の気分が盛り上がっていない時に、しつこく誘う男は自分の価値を下げてしまいますし、

        そもそも、今後は食事の誘いすら断られてしまう可能性もあります。

         

        「食事どうですか?」

         

        と、ムードのいいレストランなどで、シャンパンで乾杯し、花束をプレゼントして

        女性の気持ちを盛り上げましょう。食事の最中は紳士に振る舞い、デザートを食べて、もちろん支払いは男性。

        駅までの帰り道が勝負です。そこで男の見極め力が試されます。

         

        で、僕の最近のケースですが、

         

        二人で飲んだ帰り道に女性の方から腕を組んできて、家に帰る事を凄い強調して話してくるんです。

         

        「さーて、もう帰るぞ!」

        「練馬経由で!」

        「タクシー捕まるかな!」

        「電車かな!」

         

        と、ずっと言ってるんですね。


        これは、

         

        「あ、本当は帰りたくないんだな。引き止めてほしいんだな」

         

        って思うじゃないですか。

         

        「押すなよ、押すなよ」

         

        って事でしょ、と。なので、ここは一発決めようと思い、

         

        「ホテル行く?」

         

        って聞いたんですね。そうすると、

         

        「違うから!(笑)」

         

        って言われました。違ったわけです。見誤りました。

        タクシーまで見送りました。

         

        例えるなら、歩道を歩いていたら、いきなり交通事故に巻き込まれた様な気分でした。

         

        JUGEMテーマ:恋愛/結婚



        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        olibanu

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM