【第20回】厄年

0

    あけましておめでとうございます。

     

    年が明けて早々、一番「彼女っぽかった子」(Aちゃん)と別れました。

     

    在りし日のAちゃん。

     

    些細な事で喧嘩して、友達経由で「仲直りしなよ!」って言われたんですが、あまり乗り気じゃないんだよなあ、と

    思いつつ、LINEしたらブロックされていました。なんだかんだ4年くらい遊んでたな。さようなら。

     

    なんで俺が悪くもないのになんでブロックされてんの、

    とイライラしてきたので、Bちゃんと遊びました。

     

    若い女の子をたくさん呼んでもらった。朝まで焼肉やりました。やっぱり若い子はいいね。甘噛みしたい。

     

    僕はCさんと同棲しているんですが、Cさんも来月くらいに家を出ていく事になりました。

    別に喧嘩別れとかではないんですが。

     

    なんか年明けになって最近疎遠だったDちゃんからLINEが頻繁に来るようになって、

    あれ?ワンチャンあるかな?って思ってしこしこLINEしていたんですが、

     

    なんか凄え事をおねだりをされて、なんだこいつって思いました。店って。

     

    しかし、この歳になると、女の子の出会いなんか80%くらい水商売のホステスになりますね。

     

    ホステスどもは男心を巧みに操り、騙してくるので注意が必要です。

     

    「もうお店辞めたい・・・」

    「○○さんの席につくと落ち着く・・・嫌なお客さんばっかりだから・・・」

    「私が休みの日にご飯食べに行こうよ・・・相談にのって・・・」

    「○○さんと付き合いたい・・・」

     

    などが鉄板文句です。あ、この子はお店だけじゃなくて特別な関係を求めてきているんだな、と思わせるテクニックですね。

    で、セックスはやらせてくれません。(やれる子もいるけど)

     

    予断ですけど、キャバクラで枕って普通にありますからね。キャバ嬢がお客さんから言われて面倒くさい発言のトップは「セックスの交渉」ですからね。(僕調べ)

     

    枕やってない子が言うには、「枕している子がいるから、そういうお客さんがいなくならない」って怒っていました。

     

    僕はそういう関係だとわかって一定の距離を置いていて遊んでいたんですけど、ちょっと深入りしすぎたなあという反省が去年はありました。今年は完全に割り切って行こうと思います。

     

    最近お気に入りのガールズバーの女の子(22歳)の子と色々話したんですが、

    「キャバクラのお姉さん達はそういうもんだから、付き合いたいんだったら水商売辞めたら?って言えば一発でハッキリするよ」

    と、教えてもらいました。

     

    まあそれは知ってるんだけど、『ヤレるかヤレないか』というゲーム性を楽しんでいる身からしたら、そんな直球投げたらゲームセットになっちゃうので、ちょっと面白みに欠ける。

     

    水商売の子は綺麗だし、トークもうまいし、男心をくすぐるし、実は悪い女だし、僕のタイプなんですね。

    僕は独身なので、夜のお店で遊んでも誰からも文句を言われないのですが、お金はかかります。

    でも、40歳過ぎると、出会う為には「お金」が必要になるんですよ、どのパターンでも。

    例えば、婚活パーティーで年齢を40歳に設定すると、『年収○○万円以上!ハイステータス』とかしか出てこない。

    金を武器にしないと戦えないんですアラフォーは。

     

    家で例えると、結婚して奥さんと暮らすのが『家を購入する』だとすると、夜の店で遊ぶのは『賃貸に住む』という事なんですよ。

    結婚したってどうせ2年くらいでセックスレスになってお給料だけ渡すんでしょう。だったら常に若い子と遊ぶという賃貸を僕は選びます。飽きたら引っ越せばいいしね。

     

    ヨッピーが「夜のお店に来る痛い客の文体」を練習しているけど面白い。

     

     

    お店から営業メールが来たりするんですが、こんな感じです。

     

    かわいい子いるよ詐欺です。

     

    というわけで、今年のスタートはイマイチでしたが、頑張っていこうと思います。

     

    それでは、今年もよろしくお願いします。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:日常

    JUGEMテーマ:恋愛/結婚

     


    【第19回】高齢化

    0

      こんにちは。社長の○藤です。

       

      世間は高齢化が深刻でございますが、高齢化の波は身近にもやって来ていると痛感しております。

       

      遊んでいる女の子の年齢も上がって来ているわけですよね。やはり、関係が長くなって来ると。

       

      回りの女の子がみんなアラフォーばかりという事に気付いてショックを受けました。

       

      僕がストライクゾーンに設定している28歳〜32歳を、全員とっくに過ぎてるじゃねえか!

       

      アラフォーのババアに金使うの勿体無いです。だったら若い子に使った方がいいんじゃないでしょうか。

       

      なんかそこそこ高い店に飯食いに行っても、「相変わらず美味しいよね〜」くらいで、なんていうか反応が薄い。

       

      もう感動していないんだろうなって思うんですよ。

       

      だったら若い子に、「私、生牡蠣食べたのはじめてですー!おいしー!」って喜ばれた方が気持ちいいじゃん。

       

      例えそれが嘘でもですよ。どうせ嘘なんですけど若い子の話なんか。

       

      「私、年上がタイプなんです〜。年上の人でも抱擁してあげたいんですー。」

       

      とか、言われたいよね。でもそれって実質介護で抱擁じゃなくて法要だよね。

       

      JUGEMテーマ:恋愛/結婚

      JUGEMテーマ:日常

       


      【第18回】女の勘

      0

        こんにちは。社長の○藤です。

         

        女の勘ってやばくないですか。恋愛関係の嘘ってすぐバレますよね。

         

        GPSでもつけられてるのか、頭の中の思考が駄々漏れになっているのでは、と思ってしまうくらいです。

        女ってみんなエスパーなのかな。

         

        ちょっと前の話なんですけど、とある女の子(Aちゃん)といい感じになっていたんですが、なんか束縛が酷いし、すげえ怒るし、なんなら暴力ふるって来るんで、ちょっと関係性に疲れていたんですね。ちょっと距離を置こうと思って、電話もLINEも無視してたら、もう別れる、二度と連絡しない!って言われました。

         

        まあ、そうなったら他の女の子(Bちゃん)と遊ぶわけじゃないですか。

         

        Bちゃんと買い物に行って、街中を散策して、焼肉を食べに行こうとなりました。そこで、Bちゃんから、「Aちゃんと仲直りしなよ。」という話をされたので、そうだなあと思って、AちゃんにLINEして仲直りしたんです。Aちゃんは、「私も言いすぎた。これから気をつけるね。LOVE。」みたいな返信だったと思います。もう覚えちゃいないですが。

         

        すると、店に入ってしばらくして、Aちゃんからもの凄い勢いで着信が。電話はもちろん無視しました。

         

        以下、AちゃんとのLINEのやり取り。

         

        僕「どうしたの?」

        A「今、あなたブスと一緒にいるでしょ」

        僕「え?一人だよ」

        A「嘘つくな。焼肉食べてるでしょ?店に入るの見たんだから。仲直りとか言って来たけど、よく他の女と一緒の時にそんな事できるね。どういう神経してるの?」

        僕「あはは」(もう笑うしかない)

        A「本当に信じられない、二度と連絡してこないで」

        僕「まあまあ、焼肉美味しいよ。三人で一緒に食べない?」

        A「ブスと食ってろ!」

         

        まあそんな感じで、物凄い怒りを食らいました。

         

        で、なんかもう面倒臭えなと思って放置。

         

        数日してからAちゃんからLINEが来ました。

         

        A「もう、本当にブスと遊ばないで。一緒に歩いてて恥ずかしくないの?」

        A「今回は許してあげる。ちゃんとしてね。」

         

        なんか酷い事を言ってましたけど、何もフォローしていないのに許してくれました。

         

        しばらくしてから、Aちゃんと仲直りで食事に行ったんですが、繁華街で人ごみとかでも腕を組んでベタベタしてくるんですね。まあ、機嫌が直ってよかったな、と思って、食事に行きました。

         

        すると、今度はBちゃんからLINEが。

         

        B「今、Aちゃんと腕組んで歩いてたでしょ〜」

        僕「怖っ!どこで見てたの?」

        B「歩道の反対側で見てたよ。追いかけて声かけようと思ったけどやめた」

        僕「ありがとうございます。」

         

        女ってなんか常に男を見張っているんじゃないのかな、というお話でした。

         

         

         

        後日、

         

         

         

        家で他の女の子(Cさん)とダラダラしている時に、AちゃんからLINEのビデオ通話で電話がかかってきたので、タイミング悪いな、と思いつつも、出たんです。

         

        すると、僕のアイフォーンの画面に驚きの光景が。

         

        Aちゃんと、Bちゃんがピースサインをして一緒に呑んでいるんですよ。

         

        何が起こったのか理解するのに少々時間がかかりました。

         

        何やってんだよ。マジで。やめてくれねえかな。「はーい、○藤さーん」じゃねえよ。スピーカーなんで家中に響き渡る声で、AちゃんとBちゃんが話しかけてくるんです。「なんで元気ないのー?」じゃねえよ。どういう状況なんだよ。

         

        Cさんにすべて会話が駄々漏れになっているので元気な返事なんかできねえよ。

         

        ちなみに、Cさんは無表情で、電話を切った後も、特にその事にはふれてきませんでした。

         

         

         

        JUGEMテーマ:日常

        JUGEMテーマ:恋愛/結婚

         



        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << April 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        olibanu

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM