【第21回】異世界に転生したら厳つい太ったおじさんになっててスタートで詰んだ件

0

    こんにちは。○藤です。

     

    すっかりこのブログの存在を忘れており、パスワードもわからくなったので放置していました。

     

    僕は実は異世界から転生してきたんですが、最近の流行の、<転生したらチートで無双>という環境とは違い、転生したらハードモードになっていました。

     

    転生前の姿がこちら。そこそこ運動神経も良く、将来有望な学生でした。

     

    趣味はバイク。アメリカンのバイクに乗って海沿いを走るイカした好青年だったんですね。

    これは自称・竹野内豊

     

    こちらは自称・亀梨和也期

     

    なんかチーマーみたいな時期

     

    で、転生して、太った醜いおっさんになって、チートのスキルなど何ももらえず、頭の回転や運動神経ももう絶望レベルです。なんか老眼も始まってきました。

     

    転生後の姿。鏡を見て麻原彰晃かと思ってびっくりしました。

     

    なんだかんだ頑張って生きています。

     

     

     

    で、今年も毎年恒例の社員主催の誕生日会を開いてもらいました。

     

    今年は会社の会議室を使うというので、「物音がしても会議室をのぞかないでください」というキツイお達しを受け、鶴の恩返しの百姓のおじさんの如くのぞいてやろうという誘惑に負けそうになりましたが、我慢しました。

     

    準備ができたというので会議室に入室したところ、

     

     

    会議室に寿司屋が来ていました。ちょっと人の会社で何やってんのと思いましたよね。

     

    なんか樽酒があって鏡開きもしたりしました。

     

    そこで社員全員で寿司を食って酒を飲んだ後、二次会に行きます、という話になったので会社を出る事に。すると、会社の目の前の大通りにアレが待っていました。

     

     

    そうリムジン。2年ぶり2度目です。

     

    サプライズとしては捻りがないな、と思いつつ、エスコートされて社内へ。

     

    すると、社員でもない、僕のプライベートの関係者(D子ちゃん)が乗っていてビックリ。

    一時間くらい都内をドライブして、エロい空気の車内で興奮し、内45分くらいはキスしてましたね。

     

    基本的に社員の言われるがままに行動しなければならないのですが、D子ちゃんは一時間で降りていきました。で、次は何があるのかなーと思っていたら、

     

    まさかの元カノ(B子ちゃん)登場です。

     

    サプライズとは言え、俺の元カノ呼ぶか?!なんか気まずい空気もありましたが、元カノが喜んでくれていてよかったです。ちなみにB子ちゃんは直前まで会社の近くで上司や近隣の商店街の人達と飲んでいたらしく、「今日は社長さんのサプライズでリムジン乗るんだ」という話題をしたところ、その界隈で僕は<自分の誕生日にリムジンを乗り回す羽振りのいい社長>という噂を立てられ、未だにその話が出たりします。俺の金じゃないんだけどね。

     

    というわけで、楽しい誕生日会でした。

     

    さて、誕生日と平行して、僕の自宅には1ヶ月くらいホームステイしている子がいたんですが、その子も海外に帰るというので、成田まで見送り。

     

    次は本格的に日本語留学をするそうで、しばしのお別れです。一緒にディスコ行ったり色々遊んで日本を満喫してもらいました。

     

    で、何故か年明けに別れたハズのA子ちゃんに呼ばれて朝までカラオケしたり、

     

    博多に行って、増垣さんと屋台、焼き鳥、餃子などを満喫したりしました。

     

     

     

    ここ半年はこんな生活です。あと、時間がある時にゴルフ行ってます。最近ゴルフにハマってます。

    相変わらずババアの店から営業のラインも来ています。これが僕の日常です。

     

     

     

    それではまた近々。

     

     

    JUGEMテーマ:日常


    【第20回】厄年

    0

      あけましておめでとうございます。

       

      年が明けて早々、一番「彼女っぽかった子」(Aちゃん)と別れました。

       

      在りし日のAちゃん。

       

      些細な事で喧嘩して、友達経由で「仲直りしなよ!」って言われたんですが、あまり乗り気じゃないんだよなあ、と

      思いつつ、LINEしたらブロックされていました。なんだかんだ4年くらい遊んでたな。さようなら。

       

      なんで俺が悪くもないのになんでブロックされてんの、

      とイライラしてきたので、Bちゃんと遊びました。

       

      若い女の子をたくさん呼んでもらった。朝まで焼肉やりました。やっぱり若い子はいいね。甘噛みしたい。

       

      僕はCさんと同棲しているんですが、Cさんも来月くらいに家を出ていく事になりました。

      別に喧嘩別れとかではないんですが。

       

      なんか年明けになって最近疎遠だったDちゃんからLINEが頻繁に来るようになって、

      あれ?ワンチャンあるかな?って思ってしこしこLINEしていたんですが、

       

      なんか凄え事をおねだりをされて、なんだこいつって思いました。店って。

       

      しかし、この歳になると、女の子の出会いなんか80%くらい水商売のホステスになりますね。

       

      ホステスどもは男心を巧みに操り、騙してくるので注意が必要です。

       

      「もうお店辞めたい・・・」

      「○○さんの席につくと落ち着く・・・嫌なお客さんばっかりだから・・・」

      「私が休みの日にご飯食べに行こうよ・・・相談にのって・・・」

      「○○さんと付き合いたい・・・」

       

      などが鉄板文句です。あ、この子はお店だけじゃなくて特別な関係を求めてきているんだな、と思わせるテクニックですね。

      で、セックスはやらせてくれません。(やれる子もいるけど)

       

      予断ですけど、キャバクラで枕って普通にありますからね。キャバ嬢がお客さんから言われて面倒くさい発言のトップは「セックスの交渉」ですからね。(僕調べ)

       

      枕やってない子が言うには、「枕している子がいるから、そういうお客さんがいなくならない」って怒っていました。

       

      僕はそういう関係だとわかって一定の距離を置いていて遊んでいたんですけど、ちょっと深入りしすぎたなあという反省が去年はありました。今年は完全に割り切って行こうと思います。

       

      最近お気に入りのガールズバーの女の子(22歳)の子と色々話したんですが、

      「キャバクラのお姉さん達はそういうもんだから、付き合いたいんだったら水商売辞めたら?って言えば一発でハッキリするよ」

      と、教えてもらいました。

       

      まあそれは知ってるんだけど、『ヤレるかヤレないか』というゲーム性を楽しんでいる身からしたら、そんな直球投げたらゲームセットになっちゃうので、ちょっと面白みに欠ける。

       

      水商売の子は綺麗だし、トークもうまいし、男心をくすぐるし、実は悪い女だし、僕のタイプなんですね。

      僕は独身なので、夜のお店で遊んでも誰からも文句を言われないのですが、お金はかかります。

      でも、40歳過ぎると、出会う為には「お金」が必要になるんですよ、どのパターンでも。

      例えば、婚活パーティーで年齢を40歳に設定すると、『年収○○万円以上!ハイステータス』とかしか出てこない。

      金を武器にしないと戦えないんですアラフォーは。

       

      家で例えると、結婚して奥さんと暮らすのが『家を購入する』だとすると、夜の店で遊ぶのは『賃貸に住む』という事なんですよ。

      結婚したってどうせ2年くらいでセックスレスになってお給料だけ渡すんでしょう。だったら常に若い子と遊ぶという賃貸を僕は選びます。飽きたら引っ越せばいいしね。

       

      ヨッピーが「夜のお店に来る痛い客の文体」を練習しているけど面白い。

       

       

      お店から営業メールが来たりするんですが、こんな感じです。

       

      かわいい子いるよ詐欺です。

       

      というわけで、今年のスタートはイマイチでしたが、頑張っていこうと思います。

       

      それでは、今年もよろしくお願いします。

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:日常

      JUGEMテーマ:恋愛/結婚

       


      【第19回】高齢化

      0

        こんにちは。社長の○藤です。

         

        世間は高齢化が深刻でございますが、高齢化の波は身近にもやって来ていると痛感しております。

         

        遊んでいる女の子の年齢も上がって来ているわけですよね。やはり、関係が長くなって来ると。

         

        回りの女の子がみんなアラフォーばかりという事に気付いてショックを受けました。

         

        僕がストライクゾーンに設定している28歳〜32歳を、全員とっくに過ぎてるじゃねえか!

         

        アラフォーのババアに金使うの勿体無いです。だったら若い子に使った方がいいんじゃないでしょうか。

         

        なんかそこそこ高い店に飯食いに行っても、「相変わらず美味しいよね〜」くらいで、なんていうか反応が薄い。

         

        もう感動していないんだろうなって思うんですよ。

         

        だったら若い子に、「私、生牡蠣食べたのはじめてですー!おいしー!」って喜ばれた方が気持ちいいじゃん。

         

        例えそれが嘘でもですよ。どうせ嘘なんですけど若い子の話なんか。

         

        「私、年上がタイプなんです〜。年上の人でも抱擁してあげたいんですー。」

         

        とか、言われたいよね。でもそれって実質介護で抱擁じゃなくて法要だよね。

         

        JUGEMテーマ:恋愛/結婚

        JUGEMテーマ:日常

         



        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        olibanu

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM